スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

一本出しマフラー

数多くのオプションを付けましたが、僕のBNレガシィ、一番代表的なドレスアップである、フロントスカートとリアバンパースカートは、付けませんでした。フロントスカート(リップスカートみたいな)は、前述した通りスロープのアプローチアングルが大きな場所…

シートについて

BLレガシィに比べると(turnd by sti仕様でした)ホールド感のないシートなのですが、これ、実は長距離で、疲れ知らず。たっぷりとしたシート長で、肩までしっかり高さもあり、硬めのシートはありとあらゆる調整が出来て、…いや、むしろ調整できるのは当たり前…

ハンドリング

切ったら切った分曲がる。切った時にイン側にノーズをサッと向け、想像通りの角度で適度にロールする。そしてリアが素直に追従する。限界に来ても、スロットルオフでノーズがインを向く。限界は想像より遥かに高く、クルマが自動的にトルクを外輪にだけかけ…

コーナーセンサー

フロントの角に2つリアに4つの6コーナーセンサー。これはかなり役立ちます。地下駐車場は何故かクルマ停めがなく、以前のBLレガシィより15センチ程全長が長い新型レガシィにとってたいへん重宝。近づくにつれ、最初はピッピッと鳴っていたブザーが40センチ…

機械に叶わない部分

個人的にはまったく違和感のないレガシィB4のCVT。 NAなので 少し乗ったS4なんかより 出だしはアクセルワークとリンクし自然です。 違和感のない加速。 出足が少し飛び出す感があるのも 最近は 上手く調整できるようになりました。でも…この辺りは、 アイサ…

同胞

東京の町中で新型レガシィB4に出逢うことはめったにありません。スバルのディーラーですら 見かけることは少ない。 むしろ、 地方や高速道路の方が出逢う確立が高いです。それでも、ほとんど見かけない。 今日、 街中で黒いB4とランデブー。 めったに見れな…

カタログやスペックだけではわからない…

ステアリングのSモードと S#モード。納車してほんの少しは試しましたが、 慣らしも終わり Sモードでの走行。 ちなみにS#モードは エンジンが温まってからでないと使用できない仕組みになってます。 首都高中野長者橋入り口。 Iモードでも過不足なかったので…

ラピスブルーパール

レガシィB4のラピスブルーパール。これまで街中で見たことはありません。BLレガシィがダークシーブルーでしたし、 BNレガシィは、 イメージカラーのアイスシルバー、 それと クリスタルホワイトが似合うなぁ…というのが第一印象でしたので、 たいへん迷いま…

イルミネーションパッケージ

フォグランプや店内のイルミネーションは ディーラーオプションで すべてLED化しています。 このクラスで 普通の豆電球なのは少し…(嫌)雰囲気の問題ですので個人的趣味。クルマそのものの素性の良さとは関係ありません。 だけど、 心地よくいい雰囲気です。 …

レガシィB41ヶ月点検

1ヶ月点検。1600キロ。通勤にも使うが、 高速での長距離が多く、 このところの燃費はリッター15キロ。 ※通常は10キロ位です 左フロントの空気圧が2.0まで落ちていたらしく、 パンクもなく、空気圧調整。 思い当たり節は、 大橋JCTで思いっきり左フロントに…

オートライトとオートワイパー

予報は外れ東京は雨天ワイパーもライトも常時auto状態のレガシィですが、雨天時 早めにライトが点灯すればいいのに…と思っていたのですが、昨日の雨でわかったことは…オートワイパーが作動すると、 オートライトが点灯していた。 単純なことなのですが、 感…

ETC2+ITSスポット+DSRC

パナソニックビルトインはディラーオプションです。音質にはさほど拘らないので、 ピタッと収まり8インチのこのナビにしました。あと、 テレビを走行中観れるようにディラーで対応してくれる、ということで。 ※メーカーオプションナビは対応不可だそうです。…

レガシィB4 長距離運転②

金沢東ICから北陸道、上信越高速を経て 長野 信州中野ICまで。 日本海を左手。 気持ちいい。100キロ制限から80キロ制限。 横風注意の予告が 頻繁にナビから流れる。アイサイトACC、レーンキープアシストを使いながら 延々とドライブ。片道250キロ。 横風は確…

レガシィB4 長距離運転

片道480キロ。途中で長野の御代田に寄る。 浅間山山麓の御代田は、 GWで賑わう軽井沢に隣接しているけど、 静かな高原の街。関越道は花園まで、低速の渋滞。70キロ前後で流れていた。アイサイトのACCと レーンキープをONにして ゆっくり流す。BLレガシィの時…

レガシィB4 細かいこと

おおざっぱで低レベルな題名で恐縮です…(笑)細かいことで気づいた点。 ◎オートワイパー 納車後の一番最初の雨が、激ミストで、 60キロも出すと 激しく最大速度でワイパーが動いたのですが、 その後、通常の雨では、そこまでの異様なスピードでワイパーが動く…

レガシィB4 大橋JCT 上り(なのに下り坂)

果たしてこれを上り線と言うのかは定かではありませんが、修善寺からの帰路、 首都高3号から初台に向かうべく、 大橋JCTへ。ここは らせん状のループカーブの下り坂。果たして何周するのか数えたことはありませんが、 トラック等の横転事故なども多い箇所。…

レガシィB4 初遠出

修善寺の『柳生の庄』まで初遠出のBN9。まだ慣らし運転ですので、 4000回転で抑えて走る。初台から大橋JCTへ。試してみたかった 大橋JCTでの旋回性能。東名への合流時は登り勾配での旋回ですが、 静かに、ヒュル~っと旋回していく。 NA2500ccのエンジンは …

レガシィB4 ダンロップタイヤ

ダンロップが標準の夏タイヤ。SP sport MAXX 050というタイヤ。プレミアムタイヤに分類されるようで、結構高価なタイヤを奢ってます。 まだ、本格的には走っていませんが、 ダンロップの中では、 ドライ性能、ウェット性能とも最高性能で、 コンフォート性能…

レガシィB4(BN9) 再び走りの印象

走り出した瞬間から 『スルーー』って感じで走るので 最初 わぁっ~、いいな、と思ってしまいます。なんの変哲もないNAは、 直噴でもなくダウンサイジングターボでもない… 部品の80%が新しく作り直したとはいえ、 目立った特徴はない…、とおもいきや、 少し…

レガシィB4 ハイビームLED化

室内やフォグランプは ディラーオプションでLEDにして納車されたレガシィ。 いい雰囲気です。 リアライセンスナンバー灯と ハイビームが気になりましたので、 オートバックスにて交換。 事前の予約時に 型式を告げておけば きちんと対応してくれます。 ライ…

レガシィB4にOBDⅡ(レーダー探知機)

コムテックを選択。 代官山オートバックスにて 事前に予約しておいたのでスムーズな作業。特にアイサイトへの影響はないそうで(あくまでもオートバックス判断と自己責任です) サイドデフロスターとエアコンの吹き出し口との間に設置。 当然、アイサイトに対…

新型レガシィB4のドライブレコーダー

以前のBLレガシィには、セルスターのドライブレコーダーとレーダー探知機を繋いで使用していました。今や、 レーダー探知機は、 レーダーを探知する…それそのものの機能よりも、 どちらかというと、 自分に対する 『注意喚起』の要素と、OBDとして、車両情報…

新型レガシィB4(bn9)アイボリー内装

B型limitedからも選択できる アイボリーレザーシート。黒一辺倒がスポーティーとは限りません。ラピスブルーとアイボリーの内装。ものすごく開放的です。

レガシィ アイサイトのACC

わかってはいたけれど、凄い。 首都高中央環状線。 少し渋滞もある絶好のテスト日和。 操作は簡単。メインスイッチを入れて速度を設定、車間距離を設定、 スムーズに先行車追従。先行車がいなくなると、設定速度で走行。…で、渋滞が来ました。初となる、自動…

新型レガシィB4(BN9)CVTの素晴らしさ

エンジンのあたりは付いていませんが、良く出来たCVTとあいまって、動力性能に不満はありません。これがまた、箱根のワインディングあたりではどうなるのかは、これからの楽しみです。CVTって、自分の記憶だと7代目シビックあたりの代車で乗った記憶がありま…

レガシィB4(BN9)のオートワイパー

なかなか取り扱い説明書を読む暇がありません。ダウンロードしたBNレガシィの取り扱い説明書をヒマがあれば目通すようにしています。さて、 昨晩の東京は霧雨でした。 (比較的激しいミスト状)オートワイパーの操作感。悪くないですね。停車時は、間欠状態に……

BNレガシィエンジンの第一印象

毎日の使用は 往復14キロ余り。首都高も使用します。納車日が僅か8キロの新車。あたりもついていないので、回転数は4000回転まで、とマニュアルに書いてある。(確か…一回しか読んでない) 懸念された絶対的動力性能は、結論から言ってなんの不満もありません…

新型レガシィB4(BN9)納車

納車されました。 年次改良B型のリミテッドです。アイサイトのステレオカメラ+ ハイビームアシストの単眼カメラ+ スバルディラーオプションのドライブレコーダーのカメラ 計四つのカメラ! ラピスブルーパール+アイボリーシートの組み合わせ。 A型では、…

新型レガシィB4購入

買いました。BN型 スバルレガシィB4 limited納期は3ヶ月。4月の納入予定です。 BLレガシィturnd by STIからの乗り換えですので、選択肢としての第一候補はWRX S4なのですが、 それが、新型レガシィB4いたく気に入ってしまったのです。 260馬力から175馬力に…

レガシィB4 turnd by sti

レガシィと言えば、 ツーリングワゴンだった時代に 何気に惹かれたクルマが、BHの初 代のB4でした。端正なセダンに四輪駆動とターボで武装したマシン!後輪駆動のマニュアルで免許を取り、 後輪駆動のマニュアルで育った僕が、 その初代レガシィB4発表時に …