読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

レガシィB4 turnd by sti

レガシィと言えば、
ツーリングワゴンだった時代に
何気に惹かれたクルマが、BHの初
代のB4でした。

端正なセダンに四輪駆動とターボで武装したマシン!

後輪駆動のマニュアルで免許を取り、
後輪駆動のマニュアルで育った僕が、
その初代レガシィB4発表時に
自分が、どんなクルマに乗っていたのか記憶は定かではないのですが、
当時のF1ブーム(…になりかけていた)もあり、
ホンダプレリュード(軟派ですね)
に乗っておりました。

ダートトライアルから始まり、
ジムカーナ
ハイスピードトライアル、
で、
FJ1600(昔のフォーミュラのカテゴリー)という
モータースポーツ好きということもあり、
サーキット好きでレース志向のクルマ好きでした。

若い頃は、
ランサーターボという1800ccのクルマは三菱のラリーアート仕様で、
当然、今の(生産終了となりましたが)
ランサーエボリューションの前身であったそのクルマは、
後輪駆動で
当時としては、やたら速かったけど、
(135馬力)
ものすごいアンダーステアなのに、
リミテッドスリップデフが突然かかり
いきなり回り込むような挙動を見せる
オーバーステアになるようなラリーベースのクルマでした。

で、
その後
ホンダ一辺倒。
軟派なプレリュードを数台乗り継いだのですが、
その時、
前輪駆動車の挙動を覚えたのだと思います。


そんな中、
気になっていたのがレガシィB4。


凄いなぁ。
四輪駆動ってどんなだろ…?


と思いつつ
雪道を走るライフスタイルでもなく、
ウィンタースポーツをするのでもなく、
また、
冬の温泉地に行くようなライフスタイルでもなかったので
(若いから余裕がない)
軟派なプレリュードを乗り継いだのだと思います。

当時の僕としては、
F1のエンジンサプライヤーであるホンダに乗ることが、
快感だったのですね…。


ただ、
スバルと縁がなかった訳ではなく、
前述の
FJ1600のエンジンは
スバルの水平対抗エンジンでした。

当時としては、特にエンジンを意識したことはなく、
興味は、レースそのものであり、
また、フォーミュラの挙動に一喜一憂していた記憶があります。





歳を重ね、
地方への遠出が増え、
各地の温泉(秘湯)や旅行、
ウチのhoneyちゃんの実家が長野の御代田(軽井沢のそば)でもあり、
『雪』
『凍結路』
という問題に直面するようになったことが、
スバルとの接近でした。



クルマを選択する時、
当然
真っ先に
AWD』であること。

通勤にも使うし
僕はモータースポーツを多少なりとも嗜んでいたので
SUV志向はありませんでしたので
『セダン』であること。

このふたつが
僕の脳裏に
レガシィB4という遠い憧れを思い出させたのでした。



f:id:vonreuenthal:20160123022813j:plain



買ったのは
レガシィB4 turnd by sti


名車といわれるBL型レガシィです。





f:id:vonreuenthal:20160123022338j:plain