スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

同胞

東京の町中で新型レガシィB4に出逢うことはめったにありません。

スバルのディーラーですら
見かけることは少ない。


むしろ、
地方や高速道路の方が出逢う確立が高いです。

それでも、ほとんど見かけない。




今日、
街中で黒いB4とランデブー。



めったに見れない生レガシィ(笑)の動いているリア姿。

自分のクルマでさえ、
洗車場でスタッフの運転での移動を見るくらいです。





目だたないさりげない佇まい。
でも、
オヤっ?あれは何てクルマだろ?
…って振り向くセンスの良さを感じます。


f:id:vonreuenthal:20160512013337j:plain


なんだか嬉しくなってしまう。

どんなドライバーが運転しているのだろう??

ホイールが標準ではなく
センスの良いブラック塗装のものでした。


40キロ制限の道路で、
制限速度内でキチンと走るその姿に
スバリストの一面を感じるのでした。


その『同胞』は、
交差点で
別れ際に手を挙げてくれたのでした。