読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

機械に叶わない部分

個人的にはまったく違和感のないレガシィB4のCVT


NAなので
少し乗ったS4なんかより
出だしはアクセルワークとリンクし自然です。
違和感のない加速。


出足が少し飛び出す感があるのも
最近は
上手く調整できるようになりました。

でも…

この辺りは、
アイサイト3のACCの制御の方が上です。

自分で運転するとどうしても
アクセルを踏み過ぎの嫌いがあり、
回転数が2000回転を超えてしまいます。



それより、むしろ…



前走車発信後…、

ピッと先行車発進のお知らせが鳴り
親指でピッとACCのボタンを押した方が
非常にスムーズなアクセルワークをすのは、

無断変速のCVTの制御が
いかに優れているかの証ではないでしょうか?


※一般道でのACCの使用は控えるようにとのことですが。


Iモードでは
大概は、2000回転以下で済んでしまうレガシィですが、

やはり加速に関しては
自動制御の方が上のようです。


さらに
止まりそうで止まらないノロノロ運転、
あるいはそれ以上でも中速域での追従走行の加減速は、
間違いなく機械任せの方がスムーズ。
(自分が下手くそなのかもしれませんが…)


どの回転が美味しく効率良く加減速できるのかがあらかじめインプットされていると思われます。
当然と言えば当然。


但し、
ブレーキの感覚もほぼ人間通りですが、
のんびり運転の場合は、
もう少し自分の方が早めに減速、ブレーキのように感じます。

減速に関しては
“キビキビ走るタクシー”のように感じます。



概ね
凄いアイサイトのACC。


凄いなぁ~。


特にアクセルワークに関しては
自分の“師”でもあります(笑)





f:id:vonreuenthal:20160519132145j:plain