スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

光軸調整


真っ暗闇な上信越道
右前が大きくカットされていて
気になっていたロービームの光軸。

左側通行ですから当たり前だとはいえ、

80キロ以上の高速で
外灯のない場合、死角が大きく神経を使います。


f:id:vonreuenthal:20160606171905j:image


ディーラーにて、
法規いっぱいの光軸の高さまで、
やっと対応する時間が出来ました。


ロービームは特に社外品に替えていないので無料。


とりあえず地下駐車場で確認すると、


f:id:vonreuenthal:20160606172107j:image

心持ち右側が上がった感じ。
少しマシになったのかな?


ちなみにハイビームだと…



f:id:vonreuenthal:20160606172215j:image



こればかりは、
真っ暗闇の道…特に高速で試さないとわかりません。



フォレスターのD型から採用された
常時ハイビームで、
対向車等の部分だけ遮光するライト、
やはり羨ましい。
C型のレヴォーグやS4に採用されませんでした。


C型のレガシィはどうなるのかな…?
販売上でのB4のライバル?…アテンザはとっくに常時ハイビームなので、気になります。



明るさや色味には満足のレガシィB4のLEDヘッドライトだけに、
真っ暗闇の高速移動だと配光カットされてる右側前方の闇が目立ちます。



その分…真っ暗闇の高速では安全運転になりますが…。