スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

素晴らしい相棒


ふくよかなボディデザイン
f:id:vonreuenthal:20160620105842j:image

新しいベンツのような
うねったような色気はありませんが、

大きくなったボディサイズは
最高の衝突安全性と
この有機的なサイドのデザインに貢献していると思うのです。




このふくよかさ、
安心感と女性を感じます。
f:id:vonreuenthal:20160620110623j:image







やはりこのラピスブルーは素敵な色。

f:id:vonreuenthal:20160620105919j:image




佐久市が見渡せる。
f:id:vonreuenthal:20160620110024j:image
f:id:vonreuenthal:20160620105944j:image





家族を伴い
長野県上田市の“十福温泉”へ
新緑と雨天とレガシィ、ラピスブルー色。
アイボリーの内装も手伝い、
ほんと、魅力的。
f:id:vonreuenthal:20160620110219j:image






S#モードで走る山道は
やはりこれは紛れもないB4だと感じるものです。
普段は
ほとんどIモードですので
めったに使わないS#モード、




コーナー手前で
マニュアルにしてパンパンとシフトダウン。

やはりスタブレックスライドのサスペンス
荒れた路面の凹凸は軽くいなす走りなのに、
コーナーでは
踏ん張る。


「このコーナーでは、
これだけロールするだろう…」
という自分の身体に染み付いた経験値をあっさり裏切りスルッとコーナリングするB4に
最初は身体が付いていかなかったのですが、


ようやく身体がB4に馴染むようになり
(それほど見かけより、普段のジェントルな走りより、スポーティーだということです)
この走りの良さを満喫しています。






雨天でしたが、
オートライト、ハイビームアシスト、
オートワイパー
各作動も全て再確認。




さらに
一番は自然なコーナリングにあらためて感心。

それが
見かけよりぜんぜんスポーティーであることが
密かな誇りです。


f:id:vonreuenthal:20160620110307j:image



やはり新型レガシィB4
見かけとは違い
ただ者ではない…。
f:id:vonreuenthal:20160620110552j:image


ジェントル&スポーティーな
素晴らしい相棒です。