読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

あらためて操縦性能

ハンドリング。

いついかなる時でも操作しても“いいです”

 

これは、例えばS4に比べてだけでなくレヴォーグ、s4に比べてて遜色ない、という範疇での

絶対性能ではなあので、誤解なく。  

 

しかも固めとはいえ、乗り心地は抜群。 

 

専門家の評価とは別視点かもしれませんが、

少なくとも、ノーマルのレヴォーグやs4と遜色ないレベル。簡単な少しの試乗だけではわかりませんし、

自己愛も含まれていますので御了承下さい。

 

エンジンに火を入れて、スルスルと走り出した瞬間から癒される。

ミューの低い地下駐車場では、

後輪40:前輪60のトルク配分という、スバルでは一番オーソドックスなアクティブスプリトAWDを感じます。

何故なら

ミューの低めの地下駐車場では、空転しやすく、

グルグルループ回転して地上に出る地下駐車場では後輪にトルクがかかり50;50だと思われますが、

後輪がキュルキュルとトルクで強いトルクで滑るのがわかります。

 

ハンドリングは、

『切ったら切った分曲がる』スバル特有のAWDの安定感。

多少オーバースピードでも、

おやっ?という安定感で『クリア』してしまうのは、

慣れると多少オーバースピードでの飛び込みをしてしまいます。

限界が近づくとVDCが作動するのでしょうが、

コーナー内側に多少ブレーキをかける仕様は

なかなかのコーナリングマシン。

 

これは雪道が楽しみですね!

VDCをオフにして環境が整う場所があるなら

じっくり走りたい雪山道が待ち遠しい。

 

 

 

限界ではVDC作動なのでしょうけど、

その直前まで、恐ろしくコントラールブル。

 

 

 

しかも、乗り心地が旦那仕様のレガシィにしては

『固い』

ディーラー店長が言ってた

『並みの脚ではないですよ』というのは、このあたりなのかもしれません。

 

 

自然吸気のNAなので、

加速(出だし)は、これはもう明らかに

レヴォーグやs4より上だと個人的には思います。

 

考えてみたら

いったいぜんたい、

僕ら一般人が『フル加速』アクセルベタ踏みなんてシチュエーション、

どのくらいあるのでしょうか?

 

実用での加速(出だし)の方が大事に思うのです。

 

以前にも書きましたが、

多少、過敏反応で、スタートは飛び出しがち。

大きな欠点の『アイドリングストップからの始動の振動』に関しても、

ひとつ方法があって、レフトフットブレーキアイドリングストップから左足を緩めエンジンスタートした瞬間、

アクセルONという、自分なりのテクニックがあります。

 

右足ブレーキで右足を離して、エンジンスタート、

アクセルに右足を持って行く方法は、

ギクシャクします(と感じるのです)

レフトフットブレーキ解除すぐエンジンスタート同時に右足アクセルONだと、

かなりのスムーズな発信。

 

これは慣れもあるのかもしれませんね

 

 

アクセルワークに関して、

良くできたiモードなのですけど、

これはスムーズに走らせるにはコツがあります。

 

2000回転手前で、僅かにアクセルを戻し

1500回転以下…、

で、優秀なCVT任せで、1300から1500回転キープでゆっくり加速していきます。

 

どうも、

アクセルONで出足は飛び出るくらい元気なのですが、

2000回転前に多少ですけどギクシャクしがちな気がします。

もっととゆっくり1500回転以下で全てを済ますエコ運転なら、その限りではありません。

 

 
f:id:vonreuenthal:20160904221253j:image

 

人がクルマのクセに合わせる…

これも一つの楽しみだと思うのです。

 

 

f:id:vonreuenthal:20160904221055j:image