スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

蓼科へ

 

 

渋温泉は所々…
f:id:vonreuenthal:20170102201951j:image

除雪はされてるけど、踏み固められたり

夜間はアイスバーン

 


f:id:vonreuenthal:20170102202040j:image

橋の上はこのありさま。

 

AWDを強く認識することもなく、

ごく自然に走行する。

 

上手く表現できませんが、

アイスバーン上で

BLレガシィのような、後輪で蹴って、前輪が食いつく…

みたいな(確か前輪45:後輪55のトルク配分でした)

スポーツAWDのような挙動をまったく意識させない

ごくごく自然な走行フィール。

(前輪60:後輪40のオーソドックスなアクティブトルクスプリッド)

なんの破綻も感じることなく、

言い換えれば

まったく氷上を意識させない安定感。

 

本格的な雪上走行ではありませんでしたが、

そこは、やっぱりスバルなのでした。

 

本格的な降雪前でもありましたが、

信頼のブリザックVRX…

夜間や、日陰や、踏み固まったアイスバーンにやたら強いのも確信。

 

 

 

 

 


f:id:vonreuenthal:20170102202439j:image

 

 

 

 

信州中野から蓼科へ。

 

 

 

 


長野道も目立った積雪はなく、

ACCで快適に走行。
f:id:vonreuenthal:20170102202759j:image
シートヒーターの効いた硬めでもフラットな走行は、

いつまでも運転していたい、

相変わらず

派手さはないけど飽きないこのBNレガシィの“色気”です。

 

 

 

諏訪で降りて目指すは蓼科。

 
f:id:vonreuenthal:20170102202327j:image

 

こちらは雪は無し。
f:id:vonreuenthal:20170102203106j:image

森に佇むレガシィB4。
f:id:vonreuenthal:20170102203035j:image

独特のオーラを放ちます。

 

 

BN9レガシィ

良いクルマと巡り会えました。