読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

秋田へ

ウチのわんちゃんが老犬で、なかなか預けられずひさびさのhoneyちゃんとふたり旅。

東北道で秋田、乳頭温泉郷を目指します。

ゴールデンウィークで東京脱出での渋滞を避ける為に午前3時には出発。

福島、鏡石PAまでいっきに脱出成功。

f:id:vonreuenthal:20170506114101j:image

ACCとアイサイトのおかげで、

高速は、とにかく快適。

…のはずだった。

 

 

なんと、、

渋滞は福島~宮城を抜けるまで、断続的に続くのでした。

福島の鏡石PA~盛岡、紫波SAまで

なんと五時間。

それでもACCの秀越さで、快適。

ACC稼働中は、逆に

右足の置き場に困ります。

(右足が疲れる)

 

それでも午前中に盛岡、紫波SAに到着ですから

予定より早く秋田、乳頭温泉郷に着きそうです。

 

レガシィの隣に発売されたばかりの

インプレッサG4が並びました。

似たボディライン。レガシィより凝縮感あります。

フロントライト付近はレガシィより複雑なライン。

このリアからの眺め…共通のなだらかなラインは見切りの良さを保ちつつも

後席の居住性はやはりレガシィが余裕ありそうです。

インプレッサ…良さげなクルマですね。

やがてこれをベースのs4、楽しみ。
f:id:vonreuenthal:20170506114203j:image

 

 

 

2時前には秋田の乳頭温泉郷に到着。

乳頭温泉郷への山道、

特にsモードにせずとも不自由なくスムーズに登って来ました。

あらためて硬質な足まわり。

旋回性能、正確性は確かです。
f:id:vonreuenthal:20170506114308j:image

残雪は1メートルはありますが、

フルオートエアコンは冷房に…。

こんなに深い雪なのに、日差しは夏。

そして冷房。

不思議です。

 

 

ブナの森に囲まれて

あらためて自然の中が似合うスバル車。

これは乳頭温泉郷のひとつ、休暇村。
f:id:vonreuenthal:20170506114347j:image

 

 

 

 

休暇村からほどなく

二泊する妙乃湯へ。

この時間帯の乳頭温泉郷はどこも日帰り客を受け入れているので混んでます

妙乃湯のシンボル、

滝の前にて。。

f:id:vonreuenthal:20170506114434j:image


f:id:vonreuenthal:20170506114514j:image

 

 

乳頭温泉郷 妙乃湯レガシィ

f:id:vonreuenthal:20170506114543j:image

 

 

 

温泉からの眺め。
f:id:vonreuenthal:20170506114626j:image

 

 

 

 

歩いて、隣の乳頭温泉郷 大釜温泉蟹場温泉に行けます。

残雪が凄い。
f:id:vonreuenthal:20170506114713j:image

蟹場温泉の混浴露天風呂は野趣溢れ、

強烈に湯の花が浮いた硫黄泉でオススメです。

 

 

 

二泊後

田沢湖に降りる中腹の

水沢温泉郷への途上で。
f:id:vonreuenthal:20170506114757j:image

 

春だ。


f:id:vonreuenthal:20170506114831j:image

緑との相性抜群のラピスブルーレガシィ


f:id:vonreuenthal:20170506114945j:image

 

 

 

 

 

田沢湖を一周。

日本一の水深と日本一の透明度。

青い空と湖面のブルー。

ラピスブルーは、少し赤見を帯びてて

それがかえって見栄えします。
f:id:vonreuenthal:20170506114858j:image


f:id:vonreuenthal:20170506115005j:image

 

 

 

 

 

角館方面から

夏瀬温泉の一軒宿“都わすれ”へ。

途中からは都わすれさんの私道。

これがWRC並みのダートトライアル
お尻は砂塵で真っ白け。

途中から

神代ダム湖が見えて来ます。

コバルトブルー。

リピーターですが、何回来ても癒されます。
f:id:vonreuenthal:20170506115149j:image
どちらかというとFF寄りなアクティブトルクスプリットのAWD

クネクネと見事なダートトライアル(笑)ですが、なんの破綻もなく、

やはり正確な運動性能。

スタブレックスライドの恩恵は、

荒れた高速と、このような荒れたデコボコダートで発揮しています。

しっかり旋回。破綻は微塵もありません。

 

柔らかくはないBN9の乗り味…

少し乗ったstiに近いのは気のせいか…。

 

 

 

 

 

ダートトライアル20分。

都わすれに到着。
f:id:vonreuenthal:20170506115219j:image

各界著名人御用達の秋田のお忍び高級宿。

f:id:vonreuenthal:20170506115240j:image

 新緑のこの季節、

どーにもこーにもパチパチと

スマホレガシィを撮ってしまいます。


f:id:vonreuenthal:20170506115319j:image

やはり良い佇まい。

 

 

コバルトブルーの川の見える客室温泉露天風呂。

たまらないロケーション。
f:id:vonreuenthal:20170507025638j:image
f:id:vonreuenthal:20170507025704j:image
f:id:vonreuenthal:20170507025737j:image

特別室“瀬音”は、書斎もあり

仕事を持ち込んでも落ち着いて出来ます。

 

秋田一、日本一のホスピタリティの宿乃ひとつです。

 


f:id:vonreuenthal:20170507030208j:image

 

間もなく、東京に帰ります。

 

BN9レガシィ

間違いなく“長距離移動”のクルマ。

決してダルではない、

素晴らしい操縦性能も併せ持っていて

図体はデカくなりましたが、

内装は素っ気なくても、

機能的で、スポーティーなクルマです。