スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

塩原、6ヶ月点検、軽井沢

忙しく更新できないまますみません。

 

夏休み

塩原温泉へ。

 

とはいっても奥の奥

大手館へ。

 

素晴らしい泉質。

 

凄まじい山道。冬場に挑戦したいルートです。

 


f:id:vonreuenthal:20170911065304j:image

 

恐ろしく良い硫黄泉でオススメです!
f:id:vonreuenthal:20170911065426j:image

f:id:vonreuenthal:20170911065358j:image

 

 

 

 

御代田へ何回も往復。
f:id:vonreuenthal:20170911065528j:image

 

FF寄りのアクティブトルクスプリットAWDは夏場の豪雨でも安定した走り。

始終アンダーステア気味であることは車格が上がったレガシィには当然のセッティングなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京に戻り6ヶ月点検。

再び

(下がり気味であった)

ロービームの光軸をギリギリめいいっぱい上げてもらう。


f:id:vonreuenthal:20170911065637j:image

 

2019年型レガシィに搭載された

アダプティブライトが羨ましい。

やはり僕のレガシィのハイビームアシストは

周りが闇の長野でしか発揮できない。

 

常にハイビームな、フォレスターのシステム。

マツダなんかは当たり前に装着しているのに…。

 

真っ暗な上信越道ではハイビームアシスト

肝心な時にロービームに落ちてしまい、

マニュアルでハイビームにしており

(開発途上?)羨ましい装備です。

 

 

 

 

 

 

仕事場の駐車場 おもしろいショット。

 

隣は現クラウン

クルマの先頭部。

 

※ちなみに機械式二段駐車場で、後輪が溝に落ちるタイプなので駐車位地は同じになります。


f:id:vonreuenthal:20170911070050j:image

鼻先が長い(frontオーバーハングの長い)スバルの水平対抗エンジンであるが故の長さが目立ちます。

前輪軸よりオーバーハングが長いスバル車は、スロープでこすりやすく、

それがフロントスポイラーを付けにくい理由。

 

 

同じくクラウンとのリアの長さの差

なんと10センチ近くあるのですね。
f:id:vonreuenthal:20170911070305j:image

 クラウンが見事に日本に合わせ1800ミリの全幅に対しレガシィが1840ミリ。

けど全長は100ミリ近く短い。

 

そのくせ
f:id:vonreuenthal:20170911070437j:image

ルーフエンドに至っては

レガシィの無骨ではあるものの後席の居住性良さそうな高いルーフラインのレガシィ

 

こうみると

やはりクラウンは日本での需要によく答えておますけど、

巷にいう、レガシィの後席の居住性の良さが見てとれます。

 

 

 

 

 

6ヶ月点検

高速移動が多いから…空気圧変更

ディラーで推奨する最大の空気圧へ。

f:id:vonreuenthal:20170911191356j:image

スバルのスポーツ系はすべてダンロップですが、

粘る良いタイヤではあるものの、

乗り心地や、走行音はうるさい。

レガシィ冬タイヤに(ブリザック)比べて

ダンロップはうるさいです。

空気圧を上げたことで、気持ち静かになった感。ステアリングの切れ方、微妙に変化あり。

感触的には悪くないレスポンスです。

 

 

nexコーティングは納車時に施しておりましたが、更にその上塗りのようなものがキャンペーンでしたので、やって頂きました。

 

ピッカピカです。

 

 

 

 

 

 

また軽井沢との往復。

ブレストンコートにて。
f:id:vonreuenthal:20170911191950j:image


f:id:vonreuenthal:20170911192033j:image

 


f:id:vonreuenthal:20170911192056j:image

 

秋が深まる軽井沢

エアコンなしでサンルーフを空けて走るのが気持ちいい。