スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

後退時アイサイト?

 

 

2018年モデルから無くなった

コーナーセンサーの後ろ部分。

 

なんと、、

前だけになりました。

 

しかも

色限定で、

例えば廃盤のラピスブルーに近いダーグブルーを選択すると

フロント二カ所のコーナーセンサーは

白、シルバー、ブラックしかえらべません。

 

仮に…の見積もりを挙げて頂きましたが、

ダーグブルーだと

フロントコーナーセンサーは

トンチンカンな色しか選べません。

 

“売る気ないな”ともしか思えないこの措置。

 


f:id:vonreuenthal:20171024084556j:image

 

 

ところで、、、

バックのコーナーセンサーは廃止。

それもそのはず後退時にアイサイト搭載。

(ソナーでの対応なのでアイサイトとは言えないかも)

 

ところが…です。

 

僕のクルマ

訳あって

同じ車庫でも移動となりました。

で、

クルマ止めがない地下駐車場。

 

 

で、ギリギリ壁際30センチ以内まで後退するのですが、

これが優れもの。

ギリギリ30センチ以内になると

自動的に止まります。

 

 


f:id:vonreuenthal:20171024084946j:image

 

これは前方のコーナーセンサー

 

 

で、


f:id:vonreuenthal:20171024085029j:image

 

後退時、

↑写真以上バックしてスロットルをもどしても、ブレーキを踏まずとも止まってしまうのです。

リア四カ所のコーナーセンサーのうち

中2つがstopになると約30センチなのですが、

そうなると

アクセルをもどしても

クリーピング現象の状態でも止まってしまいます。

 

これは新発見!

 

後退時アイサイトなんて要らないではないか!

 

さらに軽くアクセルふんでも出力制御で、ぶつかることはありません。

勿論ギリギリでブレーキが必要ですけど…。

 

 

これは新発見。

後退時に制御する技術は既に使っていたんですね。

 

 

 

 

 

 

それにしても、、、

前述のフロントのコーナーセンサーの色味にはがっかり。

 

やはり

スバルのアメ車。

日本では売る気ないとしか思えない。

 

カタログに大きく載る

売りの“クリムゾンレッド”。

紫がかった赤だそうで、なかなかアイボリーシートと合いそうです。

 

そのクリムゾンレッドに

フロントコーナーセンサーに合う色が無いとは…。

 

 

 

ついでに

やはり2018年モデル

s4に付いた0キロからステアリングアシストするのが付いてません。

 

売り、なのに…。

 

 

買い換える気満タンでしたが、

“失せ”ました。

 

s4は、2019年あっと言う間にモデルチェンジ。

もちろんレガシィB4も2019年フルモデルチェンジなのですが、

s4はもっと早い。

 

完成度高くても乗り換える気にはなれません。

それにあのエクステリア。

ガンダムちっくで好きになれない。

やはりb4の大人のエクステリアがいいー。

 

 

 

 

計画は密かに進行してました。

このblogもまもなく終了。

 

 

次期レガシィまで

旅に出ます。

 

 

また追記更新にて、お知らせします。