スバル レガシィB4との蜜月

レガシィB4との日々

見晴らし ラスト

 

見晴らしのよい

見切りのよい

“0次安全性”は

 

今更ながら

1840ミリの全幅と4800ミリ近くの図体を

見切れるBN9は

スバルの初歩的な安全性能を強く感じます。

 

それはインプレッサからはじまる全てのラインナップに通じるものです。

 

 

なぜ

これを書くかというと

愛車に

僕はMercedesを選択したからです。

 


f:id:vonreuenthal:20171110140201j:image

 

選択は

c450AMG 4マチック(c43)。

 

 

一番最初に感じることは

あらためてスバルの見晴らしの良さ。

 

 

Benzの

第一印象は

コクピット感が物凄く

戦闘機に(載ったことありませんが)に乗り込む、感じ。

 

特に

コクピットにもぐるような運転席は

斜め前方の死角が大きく、

全幅は1810ミリと小ぶりでも

相当、見切りが悪いです。

 

あらためてスバル(BN9)は良いクルマだなぁと…。

 
f:id:vonreuenthal:20171110140804j:image

 

 

 

 

 

さて、本音。

 

出る出ると言われてたブリツェン仕様

でなかったですね。

これからなのかもしれませんが…。

ちょいとスパイスの効いたラインナップが欲しかった。。

 

特に不自由を感じなかった

素晴らしい出来のNAエンジンでも

ラピスブルーに相応しい色気のあるエンジンが欲しかった。

けど

s4の子供っぽい選択はしたくない。

 

硬質な乗り心地は“良さ”を理解できても

洗練には遠かった。

 

 

 

 

 

…で、

大人のスポーツセダン


f:id:vonreuenthal:20171110141632j:image

 

となりました。

 

というより過激な割にジェントルですよ。なかなか。

 

重さのせいか(1700キロ)

BN9のような硬質感はありません。

スムーズに過激に加速し

comfortだと

乗り心地は相当いい。

 

ただ…

冒頭の“0次安全性能”は少ない。

 

そこは

確実にスバルの良心を感じます。

 

余談ながら

アイサイトに劣らずの安全性能てんこ盛りで、

ACCでの追従走行は、

スバルと変わらずの優秀さ。

それから

ヘッドライトは圧倒的に凝っていて素晴らしい。

シートも素晴らしい。

 

 

 

Dセグメントのスタンダードのいえる

w205系の過激版(AMG)を

乗りこなしたて行きたいと思います。

 

 

長い間

ありがとうございました。

 

 

 

今までありがとうございます。

次期レガシィ

乗り換えたくなるクルマであることを願います。

 

 

 

バトンblog→

http://vonlohengramm.hatenadiary.com